国家資格

突然ですが、衛生管理者という資格をご存知ですか?
衛生管理者とは、あまり知られていないけれど、社会から必要とされる専門家の事なのです。
なぜ社会から必要とされているかと言うと、一番は”従業員を多く抱える会社には絶対に必要になるから”でしょう。

50人以上従業員がいる事業所に、最低1人は衛生管理者を置かなければいけないと、法律で定められています。
ただ、全ての事業所がそれを守っているかと言うと、実はそうではありません。
人材不足で衛生管理者を置けていない会社もたくさん存在します。
衛生管理者を必要とする会社は、もうずっと人材不足に悩まされています。

ですので、会社命令で衛生管理者の試験を受ける事になった人もいるでしょう。
試験は、誰でもすぐに受ける事ができるわけではありません。
試験を受ける為には、実務経験が必要になるんです。
だから、そう簡単に試験を受ける事はできません。
会社としては、すでに衛生管理者の資格を持っている人を探すよりも、社員の中から衛生管理者になって貰う方が手っ取り早いというわけです。

この資格は国家資格です。国家資格ですが、試験を受けた人の合格率は、そこまで低いものではありません。
衛生管理者には第一種と第二種という2つの種類がありますが、どちらも合格率は50%を超えています。
しっかりと対策を取れば、試験に合格する事も難しい事ではありません。

おすすめサイト

衛生管理者目指すなら【SAT】

Calendar
2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031